もし万が一なとき必要なもの~在宅避難にポータブル電源~
もし万が一、災害に合い、真っ暗な自宅になってしまったらどうしよう。いつ復旧するか分からないまま、じっと待っているのは、苦痛ですよね。今回は、災害の在宅避難にぴったりなポータブル電源  をご紹介いたします。 日本の災害 日本って本当に災害大国ですよね。海外に比べても自然災害がとても多い国土です。 台風、地震、洪水、大雪、津波、火山など地域ごとにリスクがありますよね。 日本最大の災害はちょうど100年前、大正12年の関東大震災です。木造が多かったため、火事などの2次被害で多くの被災者が出ました。 皆さんの記憶にも残る平成の災害もたくさんありましたよね。近代化が進んだコンクリートの立体構造、高層マンションなどが崩壊するほどです。涙を流し辛い思いをした被災者がどれほどいたことでしょう。 なので 防災対策 はとても重要になります。自分の身をできるだけ自分で守れるよう備えておきたいものです。 在宅避難を快適に 災害時の備えとして必要なものは、食料、飲料、モバイルバッテリー、温度体温調節品、応急手当グッズ、衛生用品などです。 日常生活では電力を使うものがとても多いので、災害時でも電力を確保できると安心です。 特に自宅で停電になったとき、あると助かるのはポータブル電源です。在宅避難を最大限快適にできるよう、1家に1台備えておきましょう。 おすすめの製品 ポータブル電源で、安全性の高さと品質の良さでダントツ販売実績トップの“Jackery” アメリカ発のポータブル電源を開発したメーカーです。 ソーラーパネル共に、防災製品等推奨品に認証されています。セットでおすすめなPlusシリーズ3選をご紹介いたします。 Jackery Solar Generator 300 Plus 40Wミニ ポータブル電源 ソーラーパネル ¥49,900 (税込)
おしゃれな椅子で彩る、理想のインテリアデザイン
椅子おしゃれ
「おしゃれな椅子で彩る、理想のインテリアデザイン」へようこそ。この記事では、椅子がインテリアデザインに与える影響と、椅子おしゃれが持つ魅力について探っていきます。椅子の選び方や配置の工夫など、理想のインテリアデザインを椅子を中心に考えてみましょう。 椅子の選び方の重要性 椅子はインテリアデザインにおいて非常に重要な要素の一つです。適切に選ばれた椅子は、部屋全体の雰囲気を左右し、理想的な空間を演出することができます。形状や素材、色彩など、椅子の選び方はインテリアデザインにおいて慎重に考えるべきポイントです。 デザインと機能の融合 おしゃれな椅子は、デザインと機能の融合が成功しているものが多いです。美しい外観だけでなく、快適な座り心地や実用性も考慮されています。理想のインテリアデザインにおいては、椅子が美しさだけでなく、日常の生活においても実用的であることが求められます。 色使いのアクセント 椅子を通してインテリアにアクセントを加えることも可能です。ポップな色使いや異素材の組み合わせなど、おしゃれな椅子が持つ独自のデザインが、部屋に動きと個性をもたらします。椅子の色彩を工夫することで、理想のインテリアデザインをより一層引き立てることができます。 スペースに合った配置 理想のインテリアデザインを構築するには、椅子の配置も重要です。部屋のサイズや形状、他の家具との調和を考慮して、椅子を最適な位置に配置することで、空間全体がバランスよくまとまります。アクセントとなる椅子を特に目立たせたい場合は、そのポイントに配置することで効果的です。 おしゃれな椅子の提案 最後に、おしゃれな椅子の提案を行います。トレンドのデザインや素材、機能性に優れた椅子など、理想のインテリアデザインを追求する上で注目すべきアイテムを紹介します。 まとめ 「おしゃれな椅子で彩る、理想のインテリアデザイン」を通して、椅子がインテリアに与える影響と、その選び方や配置のポイントについて探りました。椅子の美しさと実用性を兼ね備えた理想の選択が、心地よい空間を演出し、日常の暮らしをより豊かにしてくれることでしょう。
太陽光を有効活用!太陽光発電設備と蓄電池の選び方
太陽光発電蓄電池の基礎知識
太陽光発電設備を有効活用するために、蓄電池は重宝するアイテムです。 しかしながら、蓄電池の種類や機能の豊富さに頭を痛めたことがあるのではないでしょうか。 本記事では、蓄電池の選定基準となる特徴を種類別に紹介するので、参考にして下さい。 目次 1.太陽光発電と蓄電池の基礎知識 通常、太陽光発電を行う際、ソーラーパネル(太陽光パネル)や蓄電池単体では稼働しません。 蓄電池を利用した太陽光発電を行うには必要になる主要な機器が大きく3つあります。 ソーラーパネル 太陽光を受けて発電する。 パワーコンディショナー ソーラーパネルが発電した電気を家庭内で使える電気に変換する。 蓄電池 発電した電気や、電力会社が供給する電気をためる。 それぞれの機器単体で稼働することはなく、一式のシステムとして稼働します。 また、それぞれの製品を揃えればすぐに使えるわけではなく、稼働させるためには工事を伴います。 2.蓄電池選びのポイントと機能を解説 蓄電池は【単機能型・ハイブリッド型】✕【特定負荷・全負荷】の定置型蓄電池4パターンに、ポータブル電源を加えた5種類に分かれます。 使用する用途を明確にすることが重要なため、それぞれの特徴を参考にしてみて下さい。 2.1単機能型・ハイブリッド型 単機能型 太陽光発電システム専用のパワーコンディショナーとは別に蓄電池用のパワーコンディショナーを必要とする。 メリット コスト面で優れ、既存の太陽光発電システムに後付のような設置工事が比較的容易。 デメリット ハイブリッド型と比べて充放電のエネルギーロスが大きい。 ハイブリッド型 太陽光発電システム専用のパワーコンディショナーと蓄電池用のパワーコンディショナーの2台分を兼ねた機能を持つ。 メリット
ソーラーパネルの価格は?固定式とポータブル式の違いを解説
ポータブルソーラーパネル
ソーラーパネルといえば、固定式を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。 また、ポータブル式のソーラーパネルとの価格の差が気になる方もいるでしょう。 この記事では、固定式とポータブル式のソーラーパネルの価格の違いを解説します。 固定式ソーラーパネルの価格とメリット・デメリット 固定式ソーラーパネルの価格 固定式のソーラーパネルの価格は、平均的な住宅用太陽光発電の出力を4.5kWとすると、およそ120万円になります。 これを1kWあたりに換算すると約27万円、1Wあたりに換算すると約270円になります。 固定式ソーラーパネルのメリット・デメリット 固定式ソーラーパネルのメリットは、規模が大きくなるために出力が高いことです。 一般的な住宅で日常的に使用する電力のほとんどをまかなえる出力があり、余った電力は電力会社に売電することもできます。 一方でデメリットは、設備が大きくなるために価格が高価なことや、定期的なメンテナンスが必要なこと等があります。 ポータブル式ソーラーパネルの価格とメリット・デメリット ポータブルソーラーパネルの価格 ポータブルソーラーパネルは、さまざまな大きさがありますが、1Wあたりに換算すると200円~450円程度になり、製品によって差があります。 価格の差は、ソーラーパネルの発電効率や耐久性も影響しています。 ポータブル式ソーラーパネルのメリット・デメリット ポータブル式ソーラーパネルのメリットは、どこへでも持ち運びができることです。 多くのポータブル式ソーラーパネルは、折りたたみ式になっているほか、持ちやすい取っ手が付いているパネルもあります。 また、固定式ソーラーパネルのようなメンテナンスも必要ありません。 一方でデメリットは、コンパクトなサイズなので出力が固定式よりも低いことです。 おすすめのJackeryソーラーパネル付き発電機 Jackery Solar Generator 2000 Plus 「Jackery Solar